第2世代・2G・GSM 停波 台湾リピーターの皆さん あなたの携帯は大丈夫ですか?

第2世代・2G・GSM 2017/6/30電波止まります

2017年3月某日台北市中山区中華電信のオフィスで携帯電話料金を支払いに行った帰り
Far EasTone(遠傳電信)の販売店の前を通りがったのですが こんなポスターが

teiha

知りたいときには まずウィキペディア
こんな事がかいてありました

台湾において通信事業は国営事業とされ、長らく国家の独占を受けていた。 しかし1980年代末から1990年代にかけて徐々に通信事業の自由化が進み、2000年代に入ると、一部企業に外資規制があるものの、台湾の通信事業はほぼ自由化された。
携帯電話の契約回線数は、2010年12月現在で、2Gが818万、3Gが1,873万、合計2,692万回線に達し、2,316万人の人口に対して116%の普及率となっている。[1]
国家通訊伝播委員会の決定により、2017年6月をもって2Gサービスを終了予定。

ウィキペディアより転載>

僕の知ってる限りでも 日本でいうところのガラケーを使用されている台湾リピーターさんが何人もいます
キャリアでは 3G 4G への変更を促しているみたいですがプリペイド契約の番号はどうなるんでしょうねぇ・・

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です